数寄なモノ目次録

サイケ、プログレ、アニメ、漫画、映画などの覚書

好きなもの目録 その82 みうらじゅんと安斎肇のTR2とGOLDEN TIME

ウェブリブログが、2023年1月31日をもってサービス終了なんで
はてなブログに移転して来て、
『PSYGRESSIVE ANIMANG』に書いていた「好きなもの目録」ってのを
ここ『数寄なモノ目次録』に転載してんすが、
観直したり聴き直したり読み直したりして
修正したのを転載しようと思って悠長に構えていたら
もう三ヶ月切ったっす……なもんで、
修正を殆どしないで転載して、後から修正することにしました。
あくまで予定ですが……。

ウェブリブログで『PSYGRESSIVE ANIMANG』を始めたのが
2008年11月11日なんすよ。
今日で満14周年かな。
みうらじゅんさん的に言うと
「SINCE 2008」
って感じなんすが、
『PSYGRESSIVE ANIMANG』は『数寄なモノ目次録』と同じで、
誰も来ない参照数(アクセス数)の殆ど無いブログなんすが、
その中でも
「好きなもの目録 その82 みうらじゅん安斎肇TR2とGOLDEN TIME」
って記事が、ブログ全記事中でトップ3に入るくらい参照数が多かったっす。
下記に転載するんですが、記事を書いた当時2015年3月以来、
番組を聴き直していないので間違ったことが書かれているかもしれませんので
ご注意ください。

 

昨日、メザシを喰いました。うそ

月一の放送を楽しみに聴いていた
みうらじゅんのサントラくん』
(※当時、NHKラジオ第1で放送されていた番組)
が終わってしまって残念。

私は、みうらじゅんさんのファン(大好き)ってほどではないんですが、
みうらじゅんさんの著作物や音楽、テレビやビデオ出演をチェックするなどはしない)
みうらじゅんさんの出演するラジオ番組は好きで、チェックしてよく聴きます。
私は、今ではサブカル系のモノ(映画、漫画、音楽など)が好きですが、
1980年代から1990年代中頃くらいは、
映画、漫画、音楽などは好きですが、サブカルっぽいのより、
オーソドックスな(サブよりメインな)モノが好きでした。
特に漫画は、絵が下手な(汚い)モノが嫌いで、
サブカル系の漫画に多いヘタウマなのが苦手だったんです。
だから、みうらじゅんさんは漫画家としては名前を聞いたことがあるくらいの認識でした。
初めて顔と名前が一致したのが、『イカ天』で大島渚で出た時だと思う。
それからだいぶ経って、
吉田照美のやる気MANMAN!』にみうらじゅんさんが出演しているのを聴いて、
面白い人だなぁ。と思ったかな。
安斎肇さんについては、『タモリ倶楽部』の「空耳アワー」の人。
――くらいの認識しかなったんですが、
2000年前後に、私がたまに(プログレやサイケ特集の時)買っていた
レコード・コレクターズ』の表紙装幀をやっていたのを後で気づいた程度。

2000年代の前半、私は夜型の生活をしていて、
深夜アニメを観たり、深夜ラジオを聴きながらネットをするという不健康な生活をしていたっす。
それで『やるMAN』で知ったか、偶然ラジオの選局を変えたか、
何かで、J-WAVEみうらじゅんさんのラジオ番組をやると知り、聴き始めたと思う。
そして……、J-WAVEとは、FMとは思えない、その放送内容――
『鶴光のオールナイトニッポン』以来と思える下ネタの酷さ(褒め言葉)に、
真夜中に大爆笑していたので目録に。


標題:みうらじゅん安斎肇の下ネタラジオ

分類:ラジオ>バラエティ

■番組名:
みうらじゅん 安斎肇 TR2 Tuesday
GOLDEN TIME

パーソナリティ:
みうら じゅん
安斎 肇

放送年:2003年~2006年

製作国:日本

評価:
S ★★★★★☆
S ★★★★★○

■備考:
みうらじゅん 安斎肇 TR2 Tuesday
火曜 深夜 (水曜 午前2時~午前4時)
2003年4月1日(4月2日)~2005年3月29日(3月30日)

GOLDEN TIME
土曜 深夜 (日曜 午前2時~午前4時)
2005年4月2日(4月3日)~2006年3月25日(3月26日)

■コーナー:
TR2 Tuesday』
<セックスのBGM>
(※第038回はレックスのBGM / 第074回は子作りのBGM)
第001回. ぺったら ぺたらこ - 憂歌団
第002回. 裸の王様 - 渡瀬 恒彦
第003回. MAKE-LOVE - プティ・マミ (麻里 圭子)
第004回. セックス・オン・ステージ (『徳川セックス禁止令 色情大名』) - サンドラ・ジュリアン
第005回. だまってジャガーについて来い! - ジャガー
第006回. 死ね死ね団のテーマ - キャッツアイズとヤング・フレッシュ
第007回. 恋のレッスン - 林葉 直子
第008回. ベッドにばかりいるの - フラワー・メグ
第009回. ニャンまげにとびつこう - ニャンまげ合唱団
第010回. パッ!と さいでりあ - 小林 亜星
第011回. オー・チン・チン - ハニー・ナイツ
第012回. 大脱走のテーマ - ブロンソン
第013回. マン - スーパーホモンキーズ
第014回. よこはま たそがれ - 池 玲子
第015回. いやんばか~ん - 林家 木久蔵
第016回. やりにげ - みうら じゅん
第017回. スター・スター - ローリング・ストーンズ
第018回. 昭和枯れすすき - 谷 ナオミ
第019回. パパは恋人 (『顔で笑って』) - 山口 百恵 / 宇津井 健
第020回. フィーフィー MCコレクション - 欧陽菲菲
第021回. ハイになりましょう - ブラボー
第022回. 好きです(ヨシコさん) - 林家 三平
第023回. 惚れっぽいボク - 大橋 巨泉
第024回. エロスの花道~ジュ・テームだよ!全員集合!! の一曲 (※詳細不明)
第025回. (無し)
第026回. タコフン音頭 - 小松 政夫
第027回. お風呂のマンボ - 大村 崑
第028回. なめ猫の歌 (※詳細不明)
第029回. どきどき旅行 - 岩崎 良美
第030回. ヴェルヴェット・スペース - ユリ・ゲラー
第031回. 俺の愛し方 - 松崎 しげる
第032回. ほとんどクレイジー - 影山 ヒロノブ
第033回. ブーツをぬいで朝食を - 西城 秀樹
第034回. 前略、道の上より - 一世風靡セピア
第035回. そんなもんだよ しょうがない - 昭和のいる・こいる
第036回. 明石家さんまさんに聞いてみないとネ - 明石家さんま所ジョージ ゲスト:工藤 静香
第037回. 左手で誘惑TONIGHT - 田中 美奈子
第038回. ゴルゴと呼ばれる男 - 山下 雄三
第039回. グット,,がまんして!! - 小山 ルミ
第040回. 粋なネグリジェ - 内田 高子
第041回. バン・ババン - ビューティ・ペア
第042回. ビン・ビン・ブーガルー - 美川 サチ
第043回. サンダーボール - トム・ジョーンズ
第044回. 女はそれをがまんできない - 大信田 礼子
第045回. もうだめもうだめよ - 藤 ユキ
第046回. ないものねだりのI Want You - C-C-B
第047回. 後から前から - 畑中 葉子
第048回. (無し)
第049回. あまい囁き - 中村 晃子・細川 俊之
第050回. きっと倖せ (『家政婦は見た!』) - 市原 悦子
第051回. 白いくつ下は似合わない - アグネス・チャン
第052回. 世界でいちばんビンカンな場所 - ERINA (村田 恵里)
第053回. 酔っぱらってホテルでH - SAKI
第054回. デリケートに好きして - 太田 貴子
第055回. YES/NO - スチャダラパー
第056回. 美しきチャレンジャー - 新藤 恵美
第057回. 千の夜と千の昼 - 元 ちとせ
第058回. 決めろ!フィニッシュ - 沢 まき子、ハニー・ナイツ
第059回. 追憶のポルノ映画 恥戯のうた - みうら じゅん
第060回. 勇気1974 - みうら じゅん
第061回. おやすみチョコベイビーズ - THE CHOKOBABYZ
第062回. 君は人のために死ねるか - 杉 良太郎
第063回. きんちゃんとぎんちゃん - きんさんぎんさん
第064回. 黒いカバン - 泉谷 しげる
第065回. おくさまは18歳 - 岡崎 友紀
第066回. 見えすぎちゃって困るの - マスプロ電工企業CMソング
第067回. お久しぶりね - 小柳 ルミ子
第068回. マツケンサンバ - 松平 健
第069回. バタフライ - シローとBREAD & BUTTER
第070回. 坊や大きくならないで - マイケルズ
第071回. 中途半端はやめて - 奥村 チヨ
第072回. カイマナ・ヒラ - 日野 てる子
第073回. メリーアン - ALFEE
第074回. 各駅停車 - 高倉 健
第075回. ONANIE - オナニーマシーン
第076回. 鳥人戦隊ジェットマン - 影山 ヒロノブ
第077回. 星空のディスタンス - ALFEE
第078回. 太陽は沈まない - THE ALFEE
第079回. ガラスの部屋 - ペピーノ・ガリアルディ
第080回. ずっと胸が痛い - 乙葉
第081回. バン・バン・バン - ザ・スパイダース
第082回. あそこのゴーゴー - いとう せいこう
第083回. すぐやれ 今やれ - 真心ブラザーズ
第084回. いうこときくな - いとう せいこう
第085回. 木陰でもやもや - 伊藤 咲子
第086回. 名前を呼びたい - 真心ブラザーズ
第087回. 般若心経 (サンスクリット) (※詳細不明)
第088回. 梵鐘『歓喜』のコメント - 岡本 太郎
第089回. 好きで好きで - Water
第090回. 岩手でガスガスガス - 勝手に観光協会
第091回. ジンゴー - サンタナ
第092回. グズグズするな - ジャガー
第093回. メロウ - エルトン・ジョン
第094回. 恋のアウトボート - 橋 幸夫
第095回. 我が道を行く - ボブ・ディラン
第096回. ミスター・ビッグ - フリー
第097回. ザ・モンスター (『正義のシンボル コンドールマン』) - ベンさいとうとザ・モンスターズ
第098回. 女は世界の奴隷か! - ジョン・レノン
第099回. 木綿のハンカチーフ - 太田 裕美
第100回. 荒野のならず者 - スリー・ディグリーズ
第101回. 山鳩 (『絶唱』) - 山口 百恵
第102回. 愛のしずくを~CRI D'AMOUR (日本語ヴァージョン) / 愛のしずくを~CRI D'AMOUR (フランス語ヴァージョン) - ムツゴロウ合唱団 with ポール・モーリア
第103回. 発射 - 人間椅子
第104回. 想い出のフォトグラフ - リンゴ・スター
第105回. フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ メインタイトル - 伊福部 昭

『GOLDEN TIME』
みうらじゅんの誰も聴いたことのない音楽>
(※第27回と第28回は、みうらじゅんのどうでもいい音楽。
第38回は、勝手に観光協会ラブソング集。
第41回~第49回は、みうらじゅんの誰も聴いたことのない音楽 2006。
第50回は、みうらじゅんの誰も聴いたことのない音楽 FINAL。
みうらじゅん嘉門達夫から遺品・形見分けとして譲り受けたレコードなどをかけるコーナー)
第01回. (無し)
第02回. (無し)
第03回. (無し)
第04回. 御宿ブルース - すずらん姉妹
第05回. イメージの詩 - 吉田 拓郎 (※コーナーの曲を用意するのを忘れたため)
第06回. ジローのイカ船 - わたなべ よしお (※正確な曲名と歌手名不明)
_______俺のボトルを飲むがいい - 南有二とフルセイルズ
第07回. チューチューパッパ - なな子 & BENCO
_______パープー・パプー - 新井 英一 (※「みうらじゅんの誰も聴いたことのない音楽」とは言ってない)
第08回. 雷おやじ - 中村 ブン
_______テッペン野郎 - 松江 和耶
_______駄目になってしまう - 西城 浩二
第09回. LONGEST NOSE NO.1 - みうら じゅん
第10回. 昭和の西郷どん - 西郷 隆丸
第11回. JAGUARさん! - ジャガー
第12回. 金比羅船々 - ビクター少年民謡会
第13回. HELLO JAGUAR - ジャガー
第14回. 戦え!ミラーマン - 石田信之杉山元、市地洋子、沢井孝子、東京荒川少年少女合唱隊
第15回. THUNDERBIRDS ARE GO! (日本語主題歌VERSION) - みうら じゅん
第16回. レラ (25時のシンデレラ) - IZUMIN (泉 麻人)
第17回. イエスタデー - ボブ・ディラン
第18回. 函館名物イカ踊り - 函館いか踊り実行委員会
第19回. 餃子バンザイ - 味奉行
第20回. MR.TENG SONG - 田中 真美
第21回. 平成貧乏神追放音頭 - 橘家 竹蔵
第22回. もんじゃ焼VSお好み焼 - Yo!suke Ito VS.下町兄弟
第23回. 甘党ソング - 安斎 肇 (※生歌)
第24回. 山﨑努の語り (※詳細不明)
第25回. キャント・バイ・ミー・ラブ - 東京ビートルズ
第26回. WHEN I GOT TROUBLES - ボブ・ディラン
第27回. アッと驚く為五郎 - ハナ肇クレイジーキャッツ
第28回. たこでーす。 - たこ 八郎
第29回. ダニアースの唄 - 野坂 昭如
第30回. ダニアースの唄 - 野坂 昭如 (※前回と同じ)
第31回. ダニアースの唄 - 野坂 昭如 (※前回と同じ)
第32回. ぬくもりを抱きしめられない (『シベリア超特急』) - 藤吉 じゅん
第33回. DANCE AWAY - 舘 ひろし
第34回. all the same~あなたに似た人~ - ザ・くりそっち
第35回. all the same~あなたに似た人~ - ザ・くりそっち (※前回と同じ)
第36回. だからナンなんだ!! - 寺内タケシとブルージーンズ
第37回. ダニアースの唄 - 野坂 昭如 (※4回目)
第38回. ソバユバロマンス - 勝手に観光協会
第39回. (無し)
第40回. (無し)
第41回. 愛のRhapsody - 中野浩一 & NAOMI
第42回. 交通地獄 - 坂上
第43回. チョット無理して生きてます - 福留功男城之内ミサ
第44回. ピーポくんのうた - 警視庁音楽隊
第45回. 恐怖!!ふじつぼ人間 - 人間椅子
第46回. おちんちんたらしかたないですよ - みうら じゅん (※生歌)
第47回. 69(シックスティナイン) - みうら じゅん (※生歌)
第48回. なまはげ兄弟 - 勝手に観光協会
第49回. 童貞ソングブック・リクエスト選 (「MY OLD FRIEND SONG」「平凡パンチ・ブルース」など) - みうら じゅん (※正確な曲名不明。生歌)
第50回. ダニアースの唄 - 野坂 昭如 (※5回目)

<輝け!TR2 & GOLDEN TIME コーナー人気ベスト10>
第01位. 下ネタライム MJ SHINE
第02位. 下ネタなんでだろう
第03位. セクシーDDIT(都々逸)
第04位. 新すぃ決まり手
第05位. セクシー敬語
第06位. 接続部
第07位. セックスのBGM
第08位. ザ・正論
_______想像シネマ 観るならコレでしょ!
_______CGじゃないってば
_______言うだけ漫画道場
第09位. ムシに説教!
_______2004年ベッドの流行語大賞
第10位. 安もの (安斎肇のものまねコーナー)
_______安斎肇のポジティブシンキング
_______みうらじゅんの誰も聴いたことのない音楽

勝手に観光協会
みうらさんと安斎さんが、日本全国の都道府県を回り、
その土地のご当地ソングを作詞・作曲して、
その場で演奏・録音(リョカロク)までする企画。
ご当地の名所や名物や有名人の固有名詞をただ羅列した歌詞に、
どこかで聴き覚えがあるメロディが魂を揺さぶる。
安斎さんの宗次郎直伝(安斎さんは宗次郎のインストアライブを観ている)
のオカリナの音色には、
キング・ユスネビッチ・アンド・ヒズ・ユスネビッチトーンズも嫉妬!
アウトサイダー・ミュージック好きも必聴!
勝手に観光協会』の曲は、
日本全国の旅館で録音(リョカロク)されたモノと、
後でスタジオ録音されたモノがあるんですが、
リョカロクのモノの方がオルタナティヴで良いです。
私は、「上州の風 (群馬県)」とか好きなんですが、
一番好きなのは、スパニッシュ・プログレ風の
「潜ってエスパーニャ (三重県)」かな。

■ゲスト:
(※みうらさんと安斎さんが、番組放送後の打ち上げ(反省会)でよく行く
中国茶房8(エイト)六本木本店のマネージャーと店長など、
豪華なゲスト(主に猫ひろし)がいっぱい。
bird がゲストの回は、みうらさんが(他のゲストに比べて)気を使っているのがわかる)
TR2 Tuesday』
第001回. 渡辺 慎 (ワタナベイビー) (※電話)
第002回. 杉作 J太郎 (L.L. COOL J太郎) (※電話)
第004回. ダンディ 坂野
第006回. 渡辺 祐
第009回. bird
第012回. はなわ
第013回. サワサキ ヨシヒロ
第014回. 千夏 (※詳細不明。若槻 千夏?)
第017回. 近田 春夫
第020回. Ryo (ケツメイシ
第021回. 井筒 和幸
第022回. 山田 五郎
第024回. bird
第025回. 田口 トモロヲ / マギー / (※電話:中村 獅童
第030回. 水道橋博士
第031回. ライムスター 宇多丸
第032回. 伊集院 光 (※司会)
第037回. 峯田 和伸 (銀杏BOYZ
第042回. 久住 昌之
第048回. 田口 トモロヲ / マギー / コスプレ声
第055回. 川勝 正幸 / 清水 ミチコ / スチャダラパー
第060回. 山田 五郎
第065回. 大槻 ケンヂ
第066回. 久住 昌之 / 松久 淳
第067回. 荒川 れん子
第068回. まぐろちゃん (三崎 マグロ)
第070回. bird / 泉 晴紀 (レッドマン
第071回. K DUB SHINE / MC RYU
第074回. (※みうら じゅん) / 奥田 民生
第077回. 水野 晴郎 / 西田 和昭 (ぼんちゃん)
第083回. 渡辺 祐 / コヤマ シュウ (SCOOBIE DO
第084回. 田島 貴男 (ORIGINAL LOVE
第085回. 猫 ひろし / コヤマ シュウ (SCOOBIE DO) / ライムスター 宇多丸 / 水中、それは苦しい
第092回. スチャダラパー
第094回. 井筒 和幸 / 猫 ひろし / ウクレレ えいじ / ジョニー 大蔵大臣 (水中、それは苦しい) / ナンキー さかい (※詳細不明)
第095回. サンボマスター
第096回. 峯田 和伸 (銀杏BOYZ) / 猫 ひろし / ジョニー 大蔵大臣 (水中、それは苦しい
第100回. 猫 ひろし (※スペシャルリポーター)
第101回. 小林 よしのり
第103回. 和嶋 慎治 (人間椅子
第104回. 井上 三太 / 佐川 秀文 (THE CHOKOBABYZ) / 高木 完
第105回. コヤマ シュウ (SCOOBIE DO

『GOLDEN TIME』
第02回. いとう せいこう (※司会)
第04回. リリー・フランキー
第05回. しりあがり 寿
第06回. 梅澤 学滋 (サザンハリケーン
第10回. LITTLE (KICK THE CAN CREW
第13回. ジャガー
第14回. Ryo (ケツメイシ) / 大蔵 (ケツメイシ
第18回. 真心ブラザーズ
第20回. 金剛地 武志 / 宮城 マリオ
第24回. 井筒 和幸 / 猫 ひろし / ジジ・ぶぅ / (※山﨑 努 / t.A.T.u. / 黄金虫)
第29回. 遠藤 賢司
第30回. スチャダラパー
第31回. 大槻 ケンヂ
第35回. 中国茶房8(エイト)六本木本店のマネージャー / 中国茶房8(エイト)六本木本店の店長 / 猫 ひろし / ウクレレ えいじ
第36回. (※安斎 肇)
第41回. ROLLY
第48回. ウクレレ えいじ
第49回. 猫 ひろし

スペシャル:
TR2 Tuesday』
第040回. ザ・正論 スペシャ
第055回. 下ネタなんでだろう スペシャ
第060回. 童貞(DTF:仮性フォーク) スペシャ
第077回. 水野晴郎 TR2 Tuesday シベリア超特急5 スペシャ
第092回. 下ネタライム MJ SHINE スペシャ
第105回. 安斎肇ものまね (安もの) スペシャ

『GOLDEN TIME』
第13回. ジャガー スペシャ
第24回. (※ジジ・ぶぅ スペシャル)
第29回. エンケン遠藤賢司スペシャ
第30回. セクシーDDIT(都々逸) スペシャ
(※「下ネタなんでだろう」「下ネタライム MJ SHINE」「セクシーDDIT」
の下ネタ曲コーナーのスペシャルでは、
必ずゲストにスチャダラパーが呼ばれ、強制的に聴かされることになっている)

「セクシー敬語」の南部さん(南部 広美)はどんな人:
スリットが入ったチャイナドレスに褌姿で、胸が120(cm)くらいの、ざーますメガネの女教師。

■好きな回:
毎回、安定したレベルで面白いんですが、
みうらじゅんさんや安斎肇さんの気心の知れた男友達がゲストの回や、
安斎さん(もしくは、みうらさん)が酔っ払っている回がテンションが高く凄く面白い。
私が特に好きな回は、
TR2 Tuesday』の
第019回. 安斎さんが酔っ払って放送。
第025回. 『アイデン&ティティ』の関係者試写会の打ち上げ後に、みうらさんが酔っ払って放送。
第104回. 安斎さんが酔っ払って放送。
――かな、酔っ払ってテンションの高い安斎さんに対して、
怒っているみうらさんの醒めた反応が最高!

あと好きな回は、
第014回.(保留)
第021回.(保留)
第022回.(保留)
第031回.(保留)
第032回. 安斎さんが休みで、代わりのゲスト司会が伊集院光
第055回. 「下ネタなんでだろう」スペシャル。
第060回. 「童貞 (DTF:仮性フォーク)」スペシャル。
第071回. みうらさんが酔っ払って放送。ゲストに K DUB SHINE (と MC RYU)を迎え、みうらさんが緊張しながらラップ調で放送。
――とかかな。

第007回.(保留)
第010回.(保留)
第026回.(保留)
第034回.(保留)
第037回. みうらさんが『キープ・オン・ロッキン』を観に行く。
第072回. 「下ネタライム MJ SHINE」が始まる。
第078回. 鳥取君(トット・リー)の脱肛の話。みうらさんが若い頃、眉毛を剃って、盗まれた腕時計の代わりにマジックで腕に腕時計の絵を描いていた話。
第098回. 安斎さんが酔っ払って放送。「安斎肇のものまねコーナー (安もの)」。みうらさんが首輪を買う話。
第105回. 「安斎肇ものまね (安もの)」スペシャル。
――も面白い。

TR2 Tuesday』が、J-WAVEの上層部の人に怒られたみたいで、
『GOLDEN TIME』は、下ネタを自粛して面白さが半減。
私が面白いと思う回は、
第08回. 安斎さんが酔っ払って放送。「セクシーDDIT(都々逸)」が始まる。
第37回. 安斎さんがみうらさんからお金を借りる。
――とかかな。

あと、
第09回. モリゾーとキッコロ森憎木殺)、愛・地球博 (愛・恥丘博)の話。
第15回. みうらさんがクラス全員の縦笛を舐める話。「こんな妖怪イヤだ!」が始まる。
第31回. サブカル・ナイスミドル・サミット!この際だからLEONについて考えてみる。
第46回. 番組前のニュースを受けて、(トリノオリンピックの)金メダルの重さを感じる安斎さん。番組終了告知。プログレ特集(といっても、イエスの「ラウンドアバウト」とピンク・フロイドの「原子心母」の2曲)。
第50回. 最終回。みうら安斎終わり(J-WAVE のダニが今日死ぬ)。
――も面白いかな。

■内容・雑記:
みうらさんが THE ALFEE の四人目のメンバーになろうとして、
(※ALFIE オリジナルメンバーには、四人目の人がいたんですね)
高見沢俊彦と知り合いになったり。

みうらさんが語る思い出話(体験談)が、
何度も同じ話をするシンゴ山城(山城新伍)状態なんですが、
ゴム製おもちゃのウンコ(ハエ付きX)の話や、
高円寺の商店街で流れる「『夜這い どてさがし』。麻雀打つなら平和(ピンホー)」の話や、
全裸でオナニーをしていたら、突然部屋に入ってきた父親に「何してんだ!」と怒鳴られるが、
「遊んでんだ!」と言い返し、「大概にせえ!」と捨て台詞を残される話や、
子供の頃の話で、親戚の妹にムヒを塗る話や、
友達に10円を払うと、その友達の妹が「か~い~(開)」する話や、
友達が留守なのに勝手に部屋に上がり込み、
ベッドに座って目を瞑って、友達の妹がキスをしてくるのを持っていた話など最高に面白い。

みうらさんは、安斎さんに対しては年上でも突っ込みやすいせいか、
いとうせいこう山田五郎などと組むときより伸び伸びしている。


エド山口オールナイトニッポン
(※番組の終わり頃に流れる曲が
エド山口オールナイトニッポン』で流れた曲と同じだったと思う)

 

■補足

「邦題天国マイク水野」や「想像シネマ 観るならコレでしょ!」
の各回のタイトルなどもメモしたんですが、
あまり面白くないので割愛しました。
本屋の店番で『ワイルド7』を全巻揃えた話。や、
買ってきた古本をサイン本にして高く売る話。などは
コンプライアンス的に拙いと感じたので自粛しました。
新宿マイシティの鳥絵画展に入選した話。
エミネムは「エミはおねむなのぉ~」の略。
木彫りの雷鳥を玄関先に飾るとNHK受信料徴収員を撃退できる話。
藤子不二雄Aが渡れない道路を、
よく釣竿を持って渡っているので
「轢かれろ!」と念じているみうらさん。
世界の中心で、愛をさけぶ』は、みうらじゅん原作『襟巻き』。
――などブログの下書き用にメモしたんですが、ボツにしました。

好きなもの目録 その414 鈴木則文

鈴木則文監督作品は良い意味で馬鹿馬鹿しくて面白いので
(頭を使わなくていいエンターテインメント作品)
好きな監督なんですが、初見が一番面白いっていうか、
何度も観ると厭きるというか、深みが無いというか、
芸術性とか高尚とかクソ食らえの下品なエロとギャグが持ち味なんで、
それが嵌らないと微妙になるんで、
好きだけど、岡本喜八五社英雄深作欣二、などには及ばず、
石井輝男と同じくらいってのが私の評価です。

私は今までに鈴木則文監督の映画を37作品くらい観てるんすが、
5、6年とか10年くらい前に観たっきりの作品が多くて内容を殆ど憶えていません。
『温泉みみず芸者』
『徳川セックス禁止令 色情大名』
『トラック野郎 度胸一番星』
『吼えろ鉄拳』
などが面白かったかな。

鈴木則文監督作品は
「好きなもの目録 その395 鈴木則文の温泉みみず芸者」
「好きなもの目録 その408 鈴木則文のトラック野郎」
で取り上げたんすが、
ここでは、鈴木則文監督のそれほどでもない作品のメモをしていきます。
後から追記していくと思う……わからんけど。


標題:鈴木則文B級映画

分類:映画>邦画>コメディ

■題名:ドカベン

監督:鈴木 則文

原作・出演:水島 新司

脚本:掛札 昌裕

音楽:菊池 俊輔

出演:
橋本 三智弘
高品 正広 (高品 剛)
永島 敏行
川谷 拓三
中村 俊男 (中村 ブン)
飯塚 仁樹
山本 由香利 (山本 ゆか里)
マッハ 文朱
吉田 義夫
小松 方正
南 利明
佐藤 蛾次郎
中田 博久
田辺 節子
清水 昭博
無双 大介
舟久保 信之
勝 光徳
城 春樹
森 祐介 (森 烈)
高橋 利道
水島 新太郎

発表年:1977年

製作国:日本

評価:C ★★△前後

■雑記:
鈴木則文監督の実写映画版『ドカベン』を
10年くらい前に観たことあったんすが、
東映シアターオンライン」でやってたので久しぶりに視聴。

漫画原作の実写化って色々問題があるっていうか批判を受けるじゃないっすか。
ゴルゴ13 - 佐藤 純弥』
ルパン三世 念力珍作戦 - 坪島 孝』
『瞳の中の訪問者 - 大林 宣彦』
などや実写版『ドカベン』などの
1970年代の漫画実写化作品もバカにされがちですが、
観てみるとそんなに酷くはないです。
実写版『ドカベン』も、『ドカベン』なんで野球のスポ根映画を期待して観ると、
漫画の最初の方の柔道編が物語の中心で
野球は最後の方に水島新司先生の徳川監督がノックするだけっていう
続編が予定されていたのか拍子抜けな終わり。
前に観た時は、実写版『ドカベン』は酷いっていう評判を聞いていたけど、
実際観てみると原作漫画に忠実で漫画的表現を実写に落とし込んでいて
結構面白くて、やっぱ自分の目で確かめないと他人の評価は当てにならないな
と思ったんすが、久しぶりに観直したら
鈴木則文作品を沢山観たこともあり普通かなって感じでした。

最初、本屋の店員が『ドカベン』の単行本を持ってるんすが、
27巻?までの頃みたい。
屏風の虎退治みたいに『ドカベン』を実写化してほしいって
銭将軍が一球さんに無理難題をいうんすが、
看板を突き破って山田太郎が登場するっす。うそ
映画が公開されたのが1977年なんすが、
私は『マカロニほうれん荘』が大好きで
マカロニほうれん荘』の連載が読みたくて
1978年頃に初めて買った週刊漫画雑誌が
週刊少年チャンピオン』なんすよ。
その頃の『週刊少年チャンピオン』の人気は凄くて、
全週刊少年漫画雑誌の中で一番売れてました。(今では信じられないけど)
んで、『マカロニほうれん荘』目当てで『週刊少年チャンピオン』を買うと、
大体、巻頭カラーは『ドカベン』が多かったかな。
子供の私は一話完結のギャグ漫画が好きだったので、
ストーリー(続きモノ)漫画でスポーツ漫画の『ドカベン』には興味が無かったっす。
ドカベン』は人気があるので読んではみるけど、
話の途中からだし試合展開が遅いしで当時は面白さがわからなかったっす。
後でアニメを観たり、漫画も大人になってから最初から途中くらいまで読んだかな……。
水島新司先生の漫画は、小中学生の頃、『男どアホウ甲子園』『一球さん』などを読んで、
アニメ『野球狂の詩』を好きで観ていたくらいかな。

それで、実写版『ドカベン』なんすが、
長島徹(永島敏行)の投げたボールが
山田太郎(橋本三智弘)が間違って振ったマスコットバットの風圧で
ストレートがドロップになったり、
山田がトタンガッパ着たり、
岩鬼正美(高品正広)が相手を骨折させると
イワキっていう複雑怪奇骨折になったりなど漫画的表現がいっぱい。
良い点は、岩鬼役の高品正広が嵌ってて、
嗚呼!!花の応援団』の青田赤道役とか合いそう。
サチ子役の女の子が元気で可愛い。
見所は、川谷拓三の殿馬かな。

 

■題名:パンツの穴

監督:鈴木 則文

音楽:惣領 泰則

出演:
山本 陽一
菊池 桃子
矢野 有美
岩本 宗規
笠原 潔
田中 浩二
山中 康仁
豊原 功補
河合 宏 (和興)
井川 比佐志
春川 ますみ
ハナ 肇
土田 早苗
白木 万理
高沢 順子
武田 久美子
マリアン
服部 まこ (服部 真湖)
清水 章吾
出光 元
小島 三児
島田 洋七
たこ 八郎
上田 馬之助
武田 鉄矢 (※音声のみ)
魔夜 峰央

発表年:1984

製作国:日本

評価:C ★★△

■内容・雑記:
『パンツの穴』公開当時の私は十代の中高生だったんすが、
『BOMB』を読んでいる同級生とかに
『パンツの穴』が映画化されかなりエッチらしい。とか
菊池桃子が可愛い。とかけっこう話題になってました。
日本版『ポーキーズ』が企画コンセプトらしいんすが、
1980年代は『グローイング・アップ』がテレビ放送されたり、
ちょっとエッチな青春映画が中高生の男子に人気があったっす。
当時の私はエッチなモノは好きですが、
邦画やアイドルに興味が無かったので
『パンツの穴』っていうエッチなおバカ映画があるっていうのだけ記憶して、
実際に観たのは公開から30年くらい経って、
鈴木則文が監督しているので興味を持ってやっと視聴したって感じっす。
初見は凄く面白く感じたんすが、数年ぶりに観直したら
やっぱ鈴木則文作品を沢山観たこともあり普通かなって感じでした。
『パンツの穴』の上映時間は112分くらいで、
1970年代の鈴木則文作品より時間が長いんで、
なんか少し間延びしているように感じるかな。
ドカベン』の方が東映のプログラムピクチャーなんで
映画としてのまとまりが良いかな。

んで、『パンツの穴』なんすが、
下品というか健康的なエロとギャグとスカトロ満載のいつものコーブン映画。
『トラック野郎』の世界を中学生の青春に置き換えた感じかな。
よく盗撮が問題になってますが、
(1970年代頃からなのか)1980年代は『投稿写真』とか流行っていて
カメラ小僧とかがいたなぁ。エロ本の自販機とか懐かしい。
ガキの頃、チンチンを股に挟んで女の子!とかやったなぁ。
――など懐古な想いが蘇るっす。

博多から多摩市立緑ヶ丘中学に転校して来た木村一郎(山本陽一)は、
同じクラスの近藤桃子(菊池桃子)に一目惚れし、
橋守(岩本宗規)と山田進(笠原潔)と仲良くなる。
ある日、ムキンポ(木村一郎のあだ名)は
畑で堆肥を撒いていたおじさん(ハナ肇)の手伝いをして自宅に招かれるが、
そこは同じクラスの大石麻衣(矢野有美)の家だった。
桃子と麻衣の可愛いタイプの違う二人を好きになるムキンポ。
またある日、ムキンポと高橋と山田の三人がデパートに行き、
高橋と山田はトイレに入っているのがムキンポだと思い込み、
不良高校生の谷田部(豊原功補)に悪戯をしてしまい、
怒った谷田部を静めようとしたムキンポが
誤って谷田部をクソ塗れにして大激怒させてしまう。
ムキンポの処遇をめぐり高校生の不良グループと
堂園健太郎(田中浩二)を中心にした中学生グループの大決闘に発展するが、
クソ塗れの大乱闘に呆れた通りがかりのUFOの宇宙人(武田鉄矢)が
ションベンをかけ水に流す。
(『竹取物語 - 市川 崑』の最後にUFOが現われるオチに影響を与えたかも?うそ)
んで、体調が悪く体育を休んだ小山英介(山中康仁)がトイレに行く途中、
女子更衣室に忍び込んで下着を物色していると、
女子が戻ってきたので慌ててロッカーに隠れたが突然便意を催し、
小山が好きな麻衣のロッカーの中で漏らしてしまうという悲惨なことになり、
小山は転校することになり、あだ名が地獄のロッカーになるんすが、
麻衣も小山のことが好きだったみたいで二人は仲良くなり、
堂園が落としたロケットペンダントの写真から
桃子のことが好きなことがクラス中にバレ、
それが嬉しかった桃子は堂園と付き合うようになるしで、
ムキンポは二兎を追う者は一兎をも得ずでダブルに失恋する。
私的には、菊池桃子より矢野有美の方が好みだなぁ。とか
豊原功補がこの頃から活躍しているのに驚く。
ラ・ムー(菊池桃子)だからか、(冗談っす)
麻衣のロッカーの扉に
うる星やつら』のテンちゃんみたいな人形が吊り下げられてる。
ムキンポと桃子がデートで行く表参道のカフェバー「KEYWESTCLUB」?は、
カリブ・愛のシンフォニー』でも使われてたなぁ。


カリブ・愛のシンフォニー』は、
鈴木則文監督なのにエロとギャグとスカトロが無くて、
松田聖子神田正輝のメキシコ観光地巡り新婚旅行映画で誰得?って感じ。
東映系の俳優が少ないと鈴木則文の持ち味が出ないのかな。
「人間は結果じゃないと思う。
やるかやらないか、生きたか生きなかったかだ」
「人間は一人で生まれ一人で死ぬ。その間にあるのは戦いなんだ」

気になるもの目録 前田弘二のまともじゃないのは君も一緒

監督・前田弘二で脚本・高田亮
『まともじゃないのは君も一緒』
が会話劇のコメディ調恋愛映画で面白いっす。
「好きなもの目録」にするか迷ったんすが、
期間を置いて再び観てまだ面白く感じて好きだったら
「気になるもの目録」から「好きなもの目録」に変更します。
監督・前田弘二で脚本・高田亮の作品は
『ラブ・スウィング~色々な愛のかたち~』
を観たみたいなんすが……まったく憶えていない。
(私は観た映画をすぐ忘れてしまうんで、
視聴済みの映画やドラマのタイトルと監督名などをメモしてるっす)


標題:(保留)

分類:映画>邦画>恋愛映画 / コメディ

■題名:まともじゃないのは君も一緒

監督:前田 弘二

脚本:高田 亮

音楽:関口 シンゴ

出演:
成田 凌
清原 果耶
小泉 孝太郎
泉 里香 (浜 千咲)
山谷 花純
倉 悠貴

発表年:2021年

製作国:日本

評価:保留

■雑記:
予備校講師の大野康臣(成田凌)は、
容疑者Xの献身』の石神哲哉や湯川学のような理数系の人間で、
他人とのコミュニケーションが苦手で容姿は良いのに恋人が出来ないことに悩み、
コミュニケーション能力が高く世間の常識や恋愛知識豊富な
教え子の女子高生・秋本香住(清原果耶)に相談する。
香住は教育関係の実業家・宮本功(小泉孝太郎)に憧れ
なんとか付き合いたいと思っていたが、
宮本に婚約者・戸川美奈子(泉里香)がいることがわかり、
香住は恋愛指南を装い大野を美奈子に接近させ
宮本と美奈子を別れさせ、香住が宮本と付き合う計画を実行するが……。

香住が宮本より大野のことが気(好き)になりだし、
大野と美奈子の関係が上手くいくようになり、
宮本が香住と浮気しようとするっていう四角関係になる。
大野と香住の恋愛や普通を巡る会話が面白い。
私もコミュニケーションというか、
相手の言動から考えていることを推察したり
世間一般の普通っていうのが苦手なんで、
大野の言動に親近感を覚える。

気になるもの目録 滝田洋二郎の天地明察

前にも書いたんすが、
私は囲碁(の対局を観るの)が好きで、
将棋に興味が無かったんすが、
今年の夏前くらいから、毎週日曜日
(『将棋フォーカス』を途中くらいから観始めて)
NHK杯テレビ将棋トーナメント』を観て、
囲碁フォーカス』の時、昼飯食って、
NHK杯テレビ囲碁トーナメント』を観てるっす……大丈夫かぁオレ。
将棋の対局を見慣れてないし、有名な棋士や定跡や戦法も知らないし、
囲碁と違ってトップ棋士でも研究に嵌ると初戦であっさり負けたり、
ハラハラして目新しいこともあり面白いっす。
本命の『NHK杯テレビ囲碁トーナメント』は見慣れているせいか、
お腹がいっぱいなせいか途中から眠くなるっす。

んで前に、
それで囲碁が好きなんで、囲碁を題材にした
小説や漫画や映画やドラマやアニメに興味があるんすが、
漫画やアニメは『ヒカルの碁』っていう名作があるんすが、
映画やドラマだと近年は将棋を題材にした作品はけっこうあるのに、
囲碁はあまり無いんすよ……。
って書いたんすが、囲碁がメインじゃないけど
滝田洋二郎監督の『天地明察』が
天文(暦学)、数学、歴史(既得権益と改革)、囲碁
人間関係(恋愛、友情、師弟関係)、
など色々なジャンルが入り混じった時代劇なんすが
散漫にならずよく纏まってるっす。

滝田洋二郎監督は囲碁の名誉三段らしいんすが、
陰陽師』『陰陽師II』とかは観たけど憶えていないけど
壬生義士伝』では囲碁を打ってる場面があったように思うので、
囲碁が好きなのかな?
関係ないけど『壬生義士伝』で、
年老いた斎藤一吉村貫一郎の写真を見て大野千秋に
千秋の父か尋ねるんすが、
違うと否定して、父の親友か親友の父って答えるんすよ。
妻の父だって普通に答えればいいのに……。
物語的に「それが今の妻です」ってやりたいのはわかるんすが。

江戸時代の囲碁棋士で天文暦学者の安井算哲(渋川春海)の映画
天地明察』を目録に。


標題:滝田洋二郎天地明察

分類:映画>邦画>時代劇

■題名:天地明察

監督・脚本:滝田 洋二郎

原作:冲方

脚本:加藤 正人

音楽:久石 譲

出演:
岡田 准一
宮﨑 あおい
佐藤 隆太
市川 猿之助 (四代目)
笹野 高史
岸部 一徳
白井 晃
渡辺 大
武藤 敬司
徳井 優
横山 裕
尾藤 イサオ
きたろう
松本 幸四郎 (九代目 / 松本 白鸚 二代目)
中井 貴一
染谷 将太
片岡 弘鳳
矢島 健一
浅見 小四郎
市川 染五郎 (七代目 / 松本 幸四郎 十代目)
小須田 康人
笠原 秀幸

ナレーション:真田 広之

発表年:2012年

製作国:日本

評価:保留

■雑記:
囲碁棋士の安井算哲(岡田准一)は
ライバルの本因坊道策(横山裕)と鎬を削っていた。
天文や算術にも秀でた算哲は、保科正之松本幸四郎)に
日本全国を周り北極出地(北極星の位置観測)をして、
古くから使用されている暦のズレを正せと命じられる。
ズレの無い「大和暦」を作り上げるまでの困難と様々な妨害。
関孝和市川猿之助)や水戸光圀中井貴一)などの協力により
ついに改暦を成し遂げる!

囲碁関係では、
棋聖本因坊道策との御城碁で安井算哲が初手天元
北極出地の困難さが伊能忠敬の日本地図作成っぽい。
天文観測の道具で
天空のエスカフローネ』の運命改変出来そう。うそ

北極出地に出かけた算哲を
村瀬義益(佐藤隆太)の妹えん(宮崎あおい)が
一年間待つんすが算哲は約束までに帰らず嫁に行ってしまうんすが、
結婚相手の高岡蒼佑とは上手くいかず別れて
岡田准一と再婚するっす……うそ、ではないかな。
私は宮崎あおい系の顔とか別に好みではないんすが、
二階堂ふみには魅力を感じないけど
宮崎あおいには魅力を感じる。
『怒り - 李 相日』の槙愛子役も良かったし。

好きなもの目録 その413 三木孝浩の闇の伴走者

わたしには正義がある
しかし、その正義はけして世間で
許されるものではない
by 山上徹……じゃなくて一峰馨

浦沢直樹と組んでいたりして知られる
漫画編集者、漫画原作者、小説家などの長崎尚志・原作の
ドラマ『闇の伴走者』が、
漫画出版業界や漫画家やアシスタントなどを題材にしたミステリーで、
私は漫画(古い漫画)が好きなんで興味深いっす。
監督の三木孝浩は恋愛映画の名手として知られていると思うんすが、
私は三木監督の恋愛映画より
サスペンスドラマの『闇の伴走者』の方が好み。


標題:三木孝浩と古田新太松下奈緒の闇の伴走者

分類:テレビ>ドラマ>サスペンス

■題名:
闇の伴走者
闇の伴走者~編集長の条件

監督:三木 孝浩

原作:長崎 尚志

脚本:
佐藤 大 (※『闇の伴走者』)
阿相 クミコ

音楽:GRANDFUNK INC.

出演:
松下 奈緒
古田 新太
森本 レオ
温水 洋一
野間口 徹
吉沢 梨絵
真野 響子
前野 朋哉

(※下記『闇の伴走者』)
要 潤
田中 哲司
平田 満
タモト 清嵐
ベンガル
モロ 師岡
石丸 謙二郎
池田 鉄洋
藤井 美菜
斎藤 洋介
森下 能幸
藤田 弓子
奥村 佳恵
あのん

(※下記『闇の伴走者~編集長の条件』)
岩松 了
津田 寛治
白石 隼也
今野 浩喜 (※お笑い芸人 元キングオブコメディ
小宮 浩信 (※お笑い芸人 三四郎
水橋 研二
金井 勇太
田鍋 謙一郎
平泉 成
阿部 翔平
橋爪 淳
橋本 じゅん
阪田 マサノブ
内田 慈
田中 泯
あがた 森魚
八木 亜希子
片岡 礼子

発表年:
2015年
2018年

製作国:日本

評価:
B ★★★△
C ★★△

■内容・雑記:
ネタバレだらけっす。

『闇の伴走者』
水野優希(松下奈緒)は、元警察官で今は出版関係専門の調査員をしている。
別れた夫の寺田幹男(野間口徹)とは離婚調停中。
死去した有名漫画家・阿島文哉(ベンガル)の全集を出版しようと遺稿を整理していた
アジマプロ社長で阿島の妻・淑子(真野響子)と
アジマプロライツ部部長の小澤幸秀(要潤)は
阿島の未発表作品と思われる画稿を発見するが、
内容が気持ち悪く酷いリアルな連続殺人鬼の話で困惑する。
35年程前、板橋区で4人の若い女性が神隠しになった
未解決事件の記事が画稿の隣に置いてあり、
その事件との関連や画稿が阿島の直筆なのか水野が調査することになる。
水野は漫画に詳しい編集者・醍醐真司(古田新太)を紹介してもらい、
阿島文哉の未発表の漫画に興味を持った醍醐と共に調査することに。

謎の未発表作品は、
手塚治虫の「ペーター・キュルテンの記録」とかに影響を受けた
連続殺人鬼の漫画家の話なんすが、
画風は1970年代の阿島文哉がミステリーを描いていた頃のダークな絵柄で
1985年前後に描かれた阿島より絵が上手い漫画って設定なんすが、
1985年前後に描かれた漫画(劇画)にしては古臭いっす。
その頃の青年漫画大友克洋の影響が凄かったし、
阿島文哉は、手塚治虫石ノ森章太郎ジョージ秋山
とかがモデルなのか、その系統の1980年代では古臭い画風。
『闇の伴走者』の世界では、
手塚治虫石ノ森章太郎藤子不二雄白土三平楳図かずお
桑田二郎久松文雄、などが巨匠や有名な漫画家として存在していて、
阿島文哉は上記の漫画家に並ぶかちょっと下くらいの位置付けみたい。
謎の未発表作品のタイトルが不明なんすが、
絵が上手いけど構成力が無く話し(筋)がつまらないと
醍醐に散々に貶されるっす。伏線ですが。
醍醐によると、巨匠の中で本当に筋があるのは、
手塚治虫白土三平藤子不二雄楳図かずおの四人らしいんすが、
私的には、手塚治虫を外して山岸凉子諸星大二郎を入れるな。

んで、未発表作品に影響された小澤が
作品の登場人物の漫画家さんの貝原章彦(平田満)に接触して、
女性(藤井美菜)の監禁をさせるんすが、
小澤は阿島文哉のファンからファンクラブ会長になり
漫画の編集者になりたくて出版社を受けるが落ち、
アジマプロに拾って貰ったんで漫画マニアだけど
編集者としての能力は無く、
未発表作品の画稿の順番がバラバラだと思い込み、
ノンブル(ページ番号)を勝手に入れ替えていたってオチ。
ある巨匠がアシスタントに述べた言葉
「君の漫画は時系列通りに描きすぎている。だから面白くない。
漫画というのは、過去、現在、未来、順番に描かないから面白いんです」
ってなことで、
ノンブルを元に戻したら未発表作品は傑作だったというオチなんすが、
小澤は貝原からすると編集者(伴走者)として失格なんで始末され、
突然死した小澤のことを調査するため
小澤が住んでいたアジマプロ社宅を訪れた水野を貝原が拉致監禁
貝原は小学生の頃、「べんりやロボくん」ってな漫画を描いてて、
それを読んだ三つ年上の黒髪が美しい少女(あのん)が最初に褒めてくれて、
絶対漫画家になれるよって貝原を応援してくれる天使だったけど、
ある日、その天使が不良数人にイタズラされ
悦びの声を上げているのを目撃した貝原の性癖が歪み、
少女と貝原は練炭自殺を計り貝原だけが生き残るんすが、
少女が死ぬ直前の生から死への美しい顔に魅せられて、
それを再現しようと大人になり連続女性誘拐監禁殺人をしてたんすが、
貝原の漫画のファンで編集者(伴走者)になる少年が現われ、
彼に諭されて犯罪を止めたっす。
まぁ、その少年ってのが……
大人になって漫画編集者になる一峰馨(田中哲司)っす。
出演者に田中哲司がいると真犯人だろうなぁ。ってフラグが立つっす。

J・D・サリンジャーの『ナイン・ストーリーズ』が好きな少年の一峰馨が、
漫画家さん(貝原章彦の若い頃役:タモト清嵐)と出会った頃、
一峰の母親が日本リベルテ教会の辰巳晶子(奥村佳恵)という
インチキ宗教の教祖に全財産を献金して死ぬんすが、
復讐に燃える一峰少年に代わり漫画家さんが辰巳晶子を殺したっす。
その後、漫画家さんは自分の理解者(運命共同体)がいるんで連続殺人を止めたんすが、
神に罪を問う法則により、事件のことを漫画に描いて
漫画編集者になった一峰に見せ助言を貰い手直しして、
前半の画稿を貝原、後半の画稿を一峰が預かることにして、
貝原が神に審判を委ねるため画稿をアジマプロに置いたっす。
一峰は貝原から水野を助けるし、
貝原は一峰に諭されて自殺したみたいで、
一峰自身は教唆くらいで殺人には直接関わっていないけど
「超人の定義」
その一、恐怖を克服する。
その二、感動を得られるように常に感覚を研ぎ澄ます。
その三、裏切りを恐れない。凡人は必ず裏切るから。
その四、ほめ言葉や賞賛に動じない。賞賛は、いじめや悪意以上に人を滅ぼす。
その五、自分の行いに対価を求めない。
その六、いじめや批判に動じない。むしろ――(不明)。
その七、敵を作ることを恐れない。
その八、常にビジョンを見て、神を認識する。
その九、人はいつか死ぬ。だから死を恐れない。
その十、人を殺しても平気でいられる強い精神を持つこと。
――とか書いて、自分を厳しく律っしていたので最後自殺するっす。
『トラック野郎』の桃さんみたいに、
「教育者としての心得」
その一、トルコには行かぬこと
その二、みだりに放屁立小便をしないこと
――くらいの緩い方が辛い世の中を渡っていけるっす。うそ

一峰馨は宗教2世なんすが、長崎尚志が関わった作品
20世紀少年』『キャラクター』など
カルト宗教やカルト2世(宗教2世)が題材で出てくるなぁ。

貝原の描いた阿島文哉の画風の未発表作品は内容的に、
手塚治虫の『アラバスター』『ガラスの城の記録』『奇子』『ばるぼら
『鉄の旋律』「ペーター・キュルテンの記録」など
ブラック・ジャック』で再ブレイクする直前頃の
暗い作品をモデルにしていると思うんだけど、
漫画を描いたのは田中圭一で、
貝原が代筆した恐怖漫画「マンチュリアン・クラッチ」の
作者・斑目虹太はモデルは楳図かずおとか日野日出志だと思うけど、
漫画を描いたのは伊藤潤二です。
貝原が水野を拉致監禁するんすが、
別れた夫・寺田がストーカーしていたお陰で助かるっていう、
ストロベリーナイト』で
井岡が姫川玲子をストーカーしてたお陰で助かるのと似てる。


貝原は絵が凄く上手くて有名漫画家の画風の漫画(画稿)を
本人以上に上手く描けるって設定なんすが、
私は昔から、パソコン(AI)などに、
もしも好きな漫画家やイラストレーターなど(任意)の絵で
話は面白いのに絵が下手な漫画をリメイクしたら、
もしも1978年頃の鴨川つばめで『マカロニほうれん荘』の
第1話から描き直して『マカロニ2』以降も量産したら、
もしも『未来少年コナン』『ルパン三世 カリオストロの城』の頃の
宮崎駿で『宮崎駿イメージボード集』などのアニメ化したら、
もしも今敏が生きていて作品を量産したら、
もしも葛飾北斎の『百物語』の5作品以外があったら、
もしも山中貞雄の消失した作品を復元したり山中貞雄が戦死しないで作品を量産したら、
もしもヴァンゲリスがイエスに入って
『危機』『リレイヤー』みたいなアルバムを作ったら、
もしもキング・クリムゾンのデビュー前から1970年代のリハーサルやライブ全部を
高性能な録音・録画した作品があったら、
――などなどと入力すると、その作品が生成されたり
3Dプリンターでフィギュアなど造形物が出来るってのを夢見てたんすが、
最近は、AI画像生成ツールで
素人でも絵が作れる世の中になってるみたいで凄いというか恐ろしいっす……。
有名なキャラや他人の著作物を勝手に同人や成人向けに改造出来るっす……。
(個人で楽しむ分には問題ないのか?)
これからオリジナルと贋物の境が曖昧になるのかなぁ。

 

<登場人物>
水野 優希(松下 奈緒):
元警察官で今は出版関係専門の調査員をしているが
水木しげるの妻なのに(嘘っす、それは『ゲゲゲの女房』だろ)
漫画に疎く『ONE PIECE』も知らなかった。(後で読むけど)
連続女性誘拐監禁殺人事件の犯人・貝原に拉致監禁されたトラウマからか
『闇の伴走者』でロングヘアの黒髪を
『闇の伴走者~編集長の条件』ではショートヘアにしている。
父も警察官だったが汚職の疑いから事故死したことを不審に思い、
「伝説の落とし屋」に始末されたのではと疑う。
母・和江(藤田弓子)は認知症で優希の姉(吉沢梨絵)が介護していたが
『編集長の条件』では亡くなっている。

醍醐 真司(古田 新太):
大手漫画雑誌の敏腕編集者だったが辞めてフリーランス
漫画や編集、その他の雑学など薀蓄が豊富だが変人。
食べ物や飲み物に煩い(拘りがある)食通だが、
高級で珍しいモノや自然食品などを有り難がる海原雄山的なことはなく、
庶民的な食べ物やジャンクフードを愛する。
「必要無いものこそ世の中に必要なんじゃないかな。
漫画だって音楽だって映画だって、テレビドラマだってお菓子だって、
無くても生きていけるよ。
けど、人生の楽しみはそこにあるんじゃないかな」
「もし、人の命を救って、その人の人生を変えたなら
もしかしたら歴史だって変わるかもしれないだろ」
ブラック・ジャック』「193話 ある老婆の思い出」
を引用して自分を奮い立たせ水野を助けに行くなど実行力がある。
『編集長の条件』では『漫画ブレイブ』の編集長になる。

 

『闇の伴走者~編集長の条件』
『漫画ブレイブ』の編集長で、
伝説の漫画編集者・南部正春(岩松了)が転落死し、
後任の編集長に醍醐が迎えられる。
同じ頃、水野はアジマプロから、
行方不明だった阿島文哉の貸本漫画『紅忍者』第31話の画稿が見つかり寄贈されたが、
寄贈した人が亡くなり画稿の出所を調査してほしいとの依頼を受ける。
画稿を寄贈したのは南部だった……。

『闇の重版出来!』って感じの話かな。
絶対に勝てる大人向け漫画誌のノウハウは水色だとか。
ブルーカラーとホワイトカラー(労働者)の境目が無くなった時代という意味で、
水色読者に向けて、彼らを元気にし、鼓舞するというコンセプト。
日本をもう一回見直そう、愛そうというメッセージもある)
戦後の未解決事件・下山事件は自殺なのか他殺なのか?
伝説の落とし屋、幻の漫画家発見、漫画関係の故買屋、
などなど面白そうなネタ(要素)がいっぱいなのに……あまり面白くないっす。

「漫画の存在意義は
強気を挫いて弱きを助ける(弱い者の味方)」と
醍醐は会社の暗部を隠蔽しリストラを敢行する
出版社社長・小城利勝(平泉成)に反旗を翻すんすが、
嫌な人間に思えた南部も
「編集長として一番大事なのは部数を上げることじゃない。
部下を幸せにすること」って考えで、
リストラされる契約編集者のために仕事場を用意してたってオチ。

幻の漫画家・校条啓蔵(田中泯)が
紙芝居作家から貸本漫画家に転身するときに参考にしたのが
手塚治虫の『新宝島(新寳島)』なんすが、
校条の描いた貸本漫画『日本残酷猟奇事件』は白土三平の画風。
国鉄総裁失踪『下山事件』の紙芝居って渋すぎるような……、
観てる子供達は困惑してるっす。『津山三十人殺し』の紙芝居もあったとか。
『闇の伴走者』では
手塚治虫の「ペーター・キュルテンの記録」をモチーフにしてたんすが、
『編集長の条件』では『奇子』をモチーフにしてる。
『漫画ブレイブ』のアルバイト・伊東昇太(白石隼也)が
ONE PIECE』を愛しているので台詞の引用などがある。
子連れ狼』の小島剛夕の名前が出てくるんすが、
私も「ごうせき」じゃなく「ごうゆう」って読んでました。
ドラマの劇中で使われる漫画は
田中圭一(『紅忍者』とか阿島のとかだと思う)、
森秀樹(『日本残酷猟奇事件』とか校条の描いた紙芝居の絵とかだと思う)、
『漫画ブレイブ』で連載されている
『パシリ刑事(ポリス)』を平松伸二、あと土山しげるが描いている。
松下奈緒がイヤミの「シェー」をする。
建設中の東京オリンピックスタジアム(国立競技場)が見れる。

「一番クソな漫画は『パシリ刑事』、『パシリ馬鹿』だ」
とバカにして挙手注目の敬礼をした南部を、
『パシリ刑事』を立ち上げた前編集者・堀尾智(津田寛治)が
伝説の落とし屋みたいに突き落としたんすが、
死者になった南部が堀尾の肩を後ろから叩いて
「こちらの世界へようこそ」って言う最後。
(うそっす、それは『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』っす)

気になるもの目録 BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係

「こちらの世界へようこそ」

もう昔みたいに、リアルタイムでアニメ番組を観ることが無いんすが、
機動戦士ガンダム 水星の魔女』の第1話を
珍しくリアルタイム視聴したっす。
(「PROLOGUE」はまだ観てないっす)
んで、『ガンダム』の新作を観てるはずなんすが、
どー観ても『少女革命ウテナ』なんすが……、
それか学園ロボットものなんで『STAR DRIVER 輝きのタクト』って感じが……。

最近の日本のドラマで面白くて嵌れる作品が無いんで、
私が日本のドラマを本格的に観るようになったのが
2010年前後くらいからだと思うけど、
それ以降に評判が良くて観て面白かった作品
『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』
『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~』
『ドラマスペシャル BORDER 贖罪』
を観返したっす。
ついでに
『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』
も一寸だけ観返したんすが、
犯人とかトリックとか殆ど憶えていない……
数年前のことなのに。

田中裕二「ボーダー超えちゃえばいいじゃん」


標題:金城一紀小栗旬と波瑠の BORDER

分類:テレビ>ドラマ

■題名:BORDER
警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係
衝動~検視官・比嘉ミカ~
贖罪 (※スペシャルドラマ)

監督:
橋本 一 (※「発現 (「第1話」)」「救出 (「第2話」)」「追憶 (「第5話」)」「敗北 (「第7話」)」「越境 (「最終話」)」)
波多野 貴文 (※「連鎖 (「第3話」)」「爆破 (「第4話」)」「苦悩 (「第6話」)」「決断 (「第8話」)」)
常廣 丈太 (※『衝動~検視官・比嘉ミカ~』『贖罪』)

原案・脚本:金城 一紀

音楽:川井 憲次

出演:
小栗 旬 (※『衝動』以外)
青木 崇高 (※『衝動』以外)
遠藤 憲一 (※『衝動』以外)
波瑠
古田 新太 (※「追憶 (「第5話」)」「苦悩 (「第6話」)」『衝動』以外)
浜野 謙太 (※「発現 (「第1話」)」「追憶 (「第5話」)」『衝動』以外)
野間口 徹 (※「発現 (「第1話」)」「追憶 (「第5話」)」『衝動』以外)
滝藤 賢一 (※「連鎖 (「第3話」)」「追憶 (「第5話」)」「敗北 (「第7話」)」「決断 (「第8話」)」「越境 (「最終話」)」『贖罪』)
山口 祥行 (※「発現 (「第1話」)」「連鎖 (「第3話」)」「敗北 (「第7話」)」「決断 (「第8話」)」『贖罪』)
北見 敏之 (※「連鎖 (「第3話」)」「苦悩 (「第6話」)」「敗北 (「第7話」)」「決断 (「第8話」)」)
升 毅 (※「発現 (「第1話」)」「爆破 (「第4話」)」「決断 (「第8話」)」)
大森 南朋 (※「越境 (「最終話」)」『贖罪』)
國本 鍾建 (※『衝動』『贖罪』)

(※下記「発現 (「第1話」)」)
清水 美砂
小柳 友
夙川 アトム
伊藤 久美子
村田 充
大家 由祐子

(※下記「救出 (「第2話」)」)
丸山 智己
山崎 真実

(※下記「連鎖 (「第3話」)」)
金井 勇太
平田 満
駿河 太郎
桜井 聖
阿南 敦子

(※下記「爆破 (「第4話」)」)
渋谷 謙人
柳 憂怜 (柳 ユーレイ)
三島 ゆたか
山本 圭祐
遥香

(※下記「追憶 (「第5話」)」)
宮藤 官九郎
赤間 麻里子
小久保 寿人

(※下記「苦悩 (「第6話」)」)
弓削 智久
阪田 マサノブ
大和田 健介
入来 茉里
山田 キヌヲ

(※下記「敗北 (「第7話」)」)
川郷司 駿平
梅沢 昌代
矢野 聖人
中山 由香
中村 達也
山田 明郷
池田 政典

(※下記「決断 (「第8話」)」)
飯田 基祐
和田 聰宏
村岡 希美

(※下記「越境 (「最終話」)」)
宮澤 美保
宮本 大誠

(※下記『衝動~検視官・比嘉ミカ~ (「前篇」「後篇」)』)
石丸 幹二
工藤 阿須加
仁村 紗和
湯江 タケユキ (湯江 健幸)
山本 修夢
岡部 たかし
山口 翔悟
宮川 浩明
清原 果耶
中崎 花音
木下 愛華
渡辺 優奈
河合 瑠果
池田 朱那 (※「前篇」)
大地 伸永

(※下記『贖罪』)
國村 隼
沢井 美優
中村 ゆりか
満島 真之介

発表年:
2014年
2017年

製作国:日本

評価:C ★★☆ (※『BORDER』シリーズ全体)
C ★★◎ (※「発現」)
C ★★☆ (※「救出」)
C ★★○ (※「連鎖」)
C ★★△ (※「爆破」)
C ★★◎ (※「追憶」)
C ★★○ (※「苦悩」)
C ★★☆ (※「敗北」)
C ★★◎ (※「決断」)
C ★★★ (※「越境」)
D ★★ (※『衝動』)
C ★★◎ (※『贖罪』)

■内容・雑記:
ネタバレだらけっす。

<登場人物>
石川 安吾小栗 旬):
警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事。
第一空挺団に所属していた元自衛官。うそ
殺人事件の現場の周辺を一回りして間抜けな犯人がまだいるかも。
って軽い気持ちで怪しい人物に職質したら銃撃され瀕死の状態になる。
生還するが脳内に残った弾丸のせいで死者と会話出来るようになる。
シックス・センス』とか『見える子ちゃん』みたいな感じ……なのか?
頭を撃たれ弾丸が脳内を回るってのが
『日曜恐怖シリーズ「穴の牙」 - 鈴木 清順』みたいだなと思い、
「穴の牙」の方は撃たれて死んだ原田芳雄が怨霊みたいになる展開だったかな。
他にも、映画かドラマかで頭に撃たれた銃弾が一回りして
同じ銃創から抜けたみたいなのを観た事あるような、ないような……。
死者は死体が火葬されたり犯人が捕まったりして成仏すると消えるみたい。

立花 雄馬 (青木 崇高):
石川と同じ殺人犯捜査第4係第一班の同僚の刑事。
『贖罪』で自分の過去を語ってるんすが、
巡査だったころ勤務する交番の前をいつも通る小学生の女の子がいて、
お父さんに(性的)いたずらされています。
と立花に助けを求めたが助けられず、
女の子は父親からDVを受け大怪我をして病院に運び込まれて、
その娘の体は青あざだらけ、腕も脚も骨折してベッドに横たわってた。
――って話をして、比嘉が
「その女の子はどうなったの? あなたが救おうとした娘」
って訊くんすが
「それが今の妻です」って答えるんじゃないかとハラハラしたっす。うそ
本当は、養護施設に入ってたまに手紙が届く。とか

市倉 卓司 (遠藤 憲一):
警視庁捜査一課殺人犯捜査十係日下班主任……じゃなくて、
警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の班長
石川や立花の上司。
「俺はこれまで違法な手段で事件を解決してきた刑事を何人も見てきた。
そういう連中の殆どが自滅している。
一線を越えるごとに心が蝕まれていって、
気がついたらこっち側に戻れなくなってるんだ。あっち側の人間になるなよ」
と石川を気遣う。

鴨川 重春 (北見 敏之):
検視官出身の警視庁刑事部捜査第一課管理官。
10年前の麻薬密売組織の一斉取り締まりの時の市倉の上司。
「石川、お前も遅かれ早かれ、正義の階段を踏み外すんだ。
その時に酷い転げ落ち方をしないようにな、下で受け止めてやる人間が必要だ。
俺がその役目を果たしてやるよ」
「お前達(石川と市倉)はだまって俺について来くりゃいんだ。わかったな」
植木等みたいなことを言う部下想いの頼もしい上司。うそ

比嘉 ミカ (波瑠):
警視庁刑事部特別検視官。
『衝動』では、特別検視官になる前の大学医学部法医学教室助手の比嘉が主役。
助手の頃はまだ透明カッパみたいな手術着を着てない。
ナルシストをナルシシストって言う拘りがあるのかな。
死体の解剖ばかりしてると
ジェーン・ドウの解剖』みたいになりそうで怖い。うそ
波瑠は夏目雅子に似ている。

赤井 (古田 新太):
市倉班長専属の情報屋。合格した石川にも情報を流す。
ストロベリーナイト』のガンテツなんかは
情報屋とかに多額の報酬を払ってるみたいなんすが、
石川はそんなに金を持ってなくて
赤井やサイモンとガーファンクルやスズキに払ってる報酬は
数万みたいで格安に思える。
石川が刑事で利用出来そうだから特別なのか?

サイモン (浜野 謙太):
ガーファンクルとコンビを組む凄腕のハッカー
サイモン&ガーファンクルの『ブックエンド』を模した写真を飾っている。

ガーファンクル (野間口 徹):
サイモンとコンビを組む凄腕のハッカー
若気の至りで爆弾を作り少年院送りになり、
そこでサイモンと出会う。
『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の樫井勇輔(野間口徹)が
機動隊爆発物処理班だったみたいで、
爆発物関係っていう共通があるなぁ。

便利屋スズキ (滝藤 賢一):
趣味と実益を兼ねた便利屋。

安藤 周夫 (大森 南朋):
スター玩具社員でサイコパスの絶対悪。
ゴーケンブルーのオモチャで子供を釣って誘拐する。
安藤周夫に背乗りしていて本当の素性不明。
「こちらの世界へようこそ」が決めゼリフ。

 

『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』

「発現 (「第1話」)」
石川が銃撃で負傷し容態は回復するが、
脳内に銃弾が残ったまま現場復帰する。
石川は後遺症からか死者と会話することが出来るようになる。
世田谷一家殺害事件みたいな親子三人一家惨殺事件が起き、
一家が脱会して揉めていた神の光教団に疑いの目が向けられるが、
保険外交員の倉橋由子(清水美沙)の息子・貴志(小柳友)が犯人で、
息子の後始末を母親がしていた。
被害者の死者に犯人を捕まえてくれと石川がお願いされる。
死者は殺された時の容姿(服装)で出現するんすが、
全裸で殺されたらどうなるんだろう?
石川の肩を後ろから看護師(大家由祐子)が軽く叩いて驚く場面があるんすが、
それが「越境」『贖罪』で、
安藤が石川の肩を後ろから掴む伏線に繋がるのが凄い。うそ
『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』にも神の光教団が登場する。


「救出 (「第2話」)」
女子高生連続殺人事件の容疑者の
不動産会社社員・村上一夫(丸山智己)を連行しようと
石川と立花が村上の部屋を訪れるが、
石川達の目の前で村上は自殺してしまう。
村上の最後の言葉「もう一人いるぞ」から、
知られていない七人目の犠牲者がいて、
24時間以内に救出しなければ死んでしまうことがわかり、
石川と死者の村上の駆け引きが……。
村上の別れた恋人・岩田美智子(山崎真実)が
知らないうちに村上の子供を産んでいて、
母子と一緒に暮らそうと考えていたが逃げたんで、
優秀な人間のコピーを出来るだけ多く残すのが使命と思い込んだ
村上が女子高生を次々に誘拐して
自分の子供を産んでくれって頼んだけど断られたんで殺したみたいっす。
女子高生が監禁されていると目星をつけた一軒家には何も無く、
そこに冷蔵庫が宅配便で届くってオチ。
事件解決後に村上が「もう一人いるぞ」って負け惜しみを言うんすが、
自分の息子のことを指しているみたいで、
息子は村上とそっくりな性格で『オーメン』のダミアンみたい。
死んだ村上が「手のひらを太陽に」を歌って石川を煽る。
誘拐犯が不動産業者で空き物件を利用するってよくあるような。


「連鎖 (「第3話」)」
団地の広場で遺棄された死体が見つかる。
死体は整形で顔を変えていたが、
団地で五年前に起きた母子殺害事件の犯人
西本勇治(金井勇太)とわかる。
死者の西本は石川に母子殺害事件の遺族の
島村靖雄(駿河太郎)を捕まえてくれというが……。
西本が母子殺害事件の手記を出版しようとしていて、
それに怒った第一発見者の町内自治会会長・藤崎(平田満)が西本を殺害し、
町内自治会の連中が死体遺棄に協力したっていうオチ。
神戸連続児童殺傷事件の犯人・酒鬼薔薇聖斗が手記を出版したのを
モチーフにしているのかな。


「爆破 (「第4話」)」
ホームレスの死体を囮にして警察を標的にした連続爆弾事件が起こる。
爆発により特別検視官の比嘉が意識不明の状態になる。
警察官採用試験に落ちた八巻功一(渋谷謙人)の逆恨みからの犯行だった。
警官に化けた八巻の隣に殺されたホームレスが現われ
犯人がどこにいるのかわかる場面が面白い。
爆弾のある現場で警備や捜査している警官が犯人で
爆弾のスイッチを持っている。ってのが
『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第1話に少し似てるかな。
八巻は平成維新軍だったりして。うそ


「追憶 (「第5話」)」
身元不明の死体(宮藤官九郎)が発見されるが、
死者が記憶喪失のため素性がわからず
事故なのか事件なのか全てが不明で、
死者が石川に付き纏うハートフルコメディ。
死体は岡部義剛というサラリーマンで妻と娘がいるが
仕事のストレスから会社を休み風俗巡りをしようとするが出来ず、
酒に酔ってハードル走の真似事をしてコケて死ぬ。
死者が出ずっぱりなんで、死者に影があるのが気になるし、
宮藤官九郎が生き生きとしていて死者に見えない)
投げつけられた自転車やゴミ箱が死者をすり抜ける効果とかあればいいのに。
とか思っちゃう。


「苦悩 (「第6話」)」
過去に自殺未遂をして病院に運ばれたことがある若い女性達が
連続して自殺していることに不審に感じた比嘉は、
現場に残されていた枯枝からダンテの『神曲』に影響された偽装自殺を疑う。
女性達が通院していたメンタルクリニックの院長・河島(阪田マサノブ
に疑いの目が向かうがアリバイがあった……。
まぁ、救急患者(女性達)の治療をした
医師の津川利雄(弓削智久)が
「自殺未遂をした人間の四割はまた自殺を計って死ぬんだ。
死にたがってるやつらに手を貸して何が悪い」
と治療しても何度も戻ってきて自分を苦しめるんで殺したみたい。
最後、津川が飛び降り自殺して死者になって現われるのが
「越境」『贖罪』で、安藤が死者になって現われるのの予行や伏線みたい。
比嘉ミカの出番が多い。


「敗北 (「第7話」)」
日本最大の外食企業・長屋ホールディングスでアルバイトをしている
大学生の横森勉(川籠石駿平)はバイトの帰りに、
同じ大学で長屋ホールディングス会長の息子・
宇田川圭介(矢野聖人)の運転する外車に轢き逃げされる。
しかし宇田川圭介は父親の権力により一流の掃除屋・神坂(中村達也
の手引きでカナダに高飛びして安泰、石川は敗北する。
――みたいな話だけど、勿論、長屋ホールディングスとかじゃなくて
外務大臣の息子っすけど。
宇田川圭介は『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第1話にも登場して、
色々悪さを重ねてるみたいなんすが、
後始末は掃除屋の神坂がしてるんだろうなぁ。
圭介の彼女・滝川真奈(中山由香)が口封じされるんすが、
死者になって石川の前に現われたりはしない。
「強すぎるヒーローは怪人と変わらないんだ。人間じゃなくなっちまうんだ」
「強い光が射す所には必ず濃い影も浮かぶんだ。影に飲み込まれるなよ」
って市倉が石川に忠告する。


「決断 (「第8話」)」
現職や元警官が頭を銃撃され殺され、
石川を銃撃した犯人と同一犯とわかる。
十年前、組織犯罪対策部五課がある麻薬密売組織の一斉取締りを行ったが、
その際、ある班がガサ入れした組織の事務所で人が転落死して、
事務所から大金(一億から二億)が消えるという警察の不祥事があった。
殺されたのは当時その班に所属していた人間で、
その班には市倉と鴨川がいた……。
果たして石川を撃ったのは二人の内どちらか?
石川「オレは絶対に正義の階段を踏み外さないぞ!」
とか最終話に向けて不穏な前フリが。


「越境 (「最終話」)」
ショッピングモールで子供が誘拐され
離れた場所に死体が遺棄される事件が起こる。
犯人に繋がる証拠は何も無かったが、
死者の子供から玩具屋の安藤周夫が犯人だと教えられ
石川が安藤を追い詰めるため便利屋スズキを使い証拠を捏造するが、
安藤はそれを見破り逮捕出来ない。
安藤周夫は背乗りされていて正体が何者かわからない
悪(犯罪)を為すことを使命とするサイコパスだった。
“絶対的な悪”に対峙し石川はボーダー(境界)を越えてしまう……。

安藤(仮)
「闇があってこそ光があるんです。悪が存在してこそ正義が存在する。
どちらか一方しかない世界なんてつまらないですよ。そうでしょう?
私がいるからこそ、あなたは輝けるんです」
「私が絶対的な悪を為す。
そしてあなたは中途半端な正義を実践しようとして常に私に敗北する」
「実は、正義や悪にたいした違いはないんです。
あるとするなら、実際に行う者の違いだけです。
つまり私が有能であなたが無能ということです。
私は絶対的な悪を為すためにこれまで長い準備期間を費やして
あらゆる犯罪を研究し尽くしました。
無能のあなたに容易く捕まるわけにはいかないんです」
赤井が石川に忠告する。
「絶対的な悪に勝つためには、絶対的な正義にならなくてはいけない。
つまり、コインの裏表になるということです。
傍から見れば同じものに見えるということです」
安藤(仮)
「あなたは正義のためなら死ねると思ってるでしょ。
私も同じです。悪を為すためなら死ねると思っています。
でもあなたと私には決定的な違いがあります。
私は、悪を為すためなら人を殺せます。
でも、あなたは殺せないでしょう?
この差は永遠に縮まらないんです」
田中裕二「ボーダー超えちゃえばいいじゃん」
『パシリ刑事(ポリス)』と敬礼されバカにされた
(うそっす。『闇の伴走者~編集長の条件』からのネタっす)
石川は安藤(仮)を突き落としてしまい光から闇へと境界を越える。
安藤(仮)
「こちらの世界へようこそ」

 

『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~』
比嘉ミカが特別検視官になる前の
永正大学医学部法医学教室の浅川透(石丸幹二)教授の助手をしていた時の物語。
女子中学生の連続殺人事件が起き、
浅川教授が新設される特別検視官の地位を狙って
事件のプロファイリングに乗り出すが調子に乗って犯人に殺されてしまう。
バカ美少女の小椋明音(清原果耶)が
奴隷の石田光(大地伸永)に手伝わせて気に食わない人間を殺していたっす。
小椋明音は殺人を我慢出来ないサイコパスで被害者の指を切断したりするし、
矯正施設を出所した小椋は比嘉の影響から解剖に興味を持ち、
『蝶の力学 殺人分析班』の相羽町子みたいに
青木崇高だから)立花雄馬を生きたまま解剖すると思う。うそ


『ドラマスペシャル BORDER 贖罪』
本部から派遣される警視庁監察管理官の久高喬(國村隼)によって
安藤の転落死について石川が取り調べを受ける。
その最中、原口知幸(満島真之介)に殺された
死者の原口の恋人・須藤真実(中村ゆりか)が現われ、
身動きが取れない石川に犯人を捕まえてくれと訴える。
取り調べを拒否して行方を眩ませた石川は原口を逮捕するため奔走する。
それと同時に、
情報屋の赤井、ハッカーサイモンとガーファンクル
便利屋のスズキ達が石川を助けるため動き出す。
立花が比嘉に語る。
「警察官を続けてわかるんだ。この世界は一つじゃない。
まともな世界と悪の世界の二つが存在する。
悪の世界では、普通の神経じゃ耐えられないようなことが平気で起こる。
オレ達警察官は、その悪の世界に取り込まれないように、
どうにか正気を保っていられるようにしながら悪と闘わなくちゃいけないんだ。
でも、あまりにも醜い悪を目の前にして、
正気を失っちまうやつの気持ちも理解出来るんだ。
警察官だって結局はただの人間だからな」
「死人に口無し」ってのを逆手にとって『BORDER』が生まれたのかな?

 

『BORDER』シリーズでは橋本一監督作品が面白いかな。
現われる死者に影があり鏡や硝子に姿が映り、
風で髪の毛が靡いたりするのがなんか残念な表現かな。
光と闇、正義と絶対悪、その境界線の話なんでボーダーなのかな。
『BORDER』の続編ドラマとか映画とかやらないかな。

 

「あらためて言います。こちらの世界へようこそ」

好きなもの目録 その110のおまけ 「プ」はプログレの「プ」

NHK-FMの『「プ」はプログレの「プ」』は、
キリンチャレンジカップ2022 日本×アメリカ』を観てたんで、
リアルタイムでは最後の「危機 - イエス」しか聴けず、
翌日に録音したのを聴いたんすが番組途中に
「気象に関する情報」が2回ほど入ってました。

この頃の私は、
音楽はNHK-FMで放送されるクラシック音楽、ジャズ、ロック、
などを聴き流すくらいで、
民放のFMでは
山下達郎のサンデーソングブック』
SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記』
などを聴き流したり、
この駄文を書きながら
『村上RADIO』の「村上春樹 presents 山下洋輔トリオ 再乱入ライブ」
とか聴き流してるくらいで、
昔に比べてプログレッシブ・ロックを集中して聴いてないっす……。
聴いても週に一、二回好きなアルバムを夜寝る時に聴くくらいかな。
そんなんなんでプログレの知識(感覚)は衰えてるっす。

『今日は一日プログレ三昧』とか
プログレッシブ・ロックの番組を放送してほしいんすが、
最盛期が50年くらい昔なんで、
もう聴いてる(好きな)人って少なくなってるんだろうなぁ。
需要が少ないんで供給されないのかな。
プログレ好きはめんどくさい人が多いらしいんすが、
『「プ」はプログレの「プ」』の覚書をしようと思うんすが、
何回も聴き返さないといけないんで凄く面倒臭いんすよ。

「好きなもの目録 その110 今日は一日プログレ三昧」のおまけで
『「プ」はプログレの「プ」』を目録に。


標題:(保留)

分類:ラジオ>音楽>洋楽>ロック>プログレ

■番組名:
「プ」はプログレの「プ」
P is for Progressive Rock

パーソナリティ:山田 五郎

ゲスト:
難波 弘之 (※センス・オブ・ワンダー
関根 史織 (※Base Ball Bear
Nomi (※バスクのスポーツ)

放送年:2022年

製作国:日本

評価:保留

■備考:NHK-FM
シンフォニック・ロック特集
2022年9月23日 金曜 午後9時30分~午後11時50分

■曲目 (タイムテーブル):
<番組の概要やゲスト紹介など>
??. MEMORY LAIN - CARAVAN
___メモリー・レイン - キャラヴァン
(※オープニングのBGM。
キャラヴァンだと思うけどカバーかもしれないし曲名も自信がないです。
ライブっぽいのでキャラヴァン&ニュー・シンフォ二アかな?
とも思ったんすが聴き比べたら違うみたいだし……不明っす)
??. 不明
(※ゲスト紹介のBGM。
センス・オブ・ワンダーバスクのスポーツの曲なのかも?)
??. 不明
(※ゲスト紹介のBGM。
関根史織関係の曲なのかも?
「パッション・プレイ - ジェスロ・タル」?が少しだけ流れる)
??. 不明 - センス・オブ・ワンダー (※BGM)

<今までで最も聴き込んだ曲>コーナー
??. ONE FOR THE VINE - GENESIS
___ワン・フォー・ザ・ヴァイン - ジェネシス
??. HEART OF THE SUNRISE - YES
___燃える朝焼け - イエス
??. GENERALE - PREMIATA FORNERIA MARCONI (P.F.M.)
___生誕 - プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ
??. ECHOES - PINK FLOYD
___エコーズ - ピンク・フロイド

<こんな曲もいかがでしょう>コーナー
??. TOUCHING ONCE (IS SO HARD TO KEEP) - RENAISSANCE
___情熱 - ルネッサンス
??. LONG GOODBYES - CAMEL
___ロング・グッドバイ - キャメル

??. ジングル「新月 (原始への回帰) - プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ」のカバー

<中くらいの曲を聴こう>コーナー
??. THE MUSICAL BOX - GENESIS
___ザ・ミュージカル・ボックス (怪奇のオルゴール) - ジェネシス

<偏愛してやまない曲>コーナー
??. JERUSALEM - EMERSON, LAKE & PALMER
___聖地エルサレム - エマーソン、レイク&パーマー
??. RIVER OF LIFE - PREMIATA FORNERIA MARCONI (P.F.M.)
___人生は川のようなもの - PFM
??. A VOLTE UN ISTANTE DI QUIETE - LOCANDA DELLE FATE
___ひとときの静寂 - ロカンダ・デッレ・ファーテ
??. ALEA LACTA EST - DICE
___東方の国 - ダイス

??. ジングル「ディシプリン - キング・クリムゾン」のカバー

チャップマン・スティックトニー・レヴィンなどの雑談>
??. 象と話す女 - stico

<こんな曲はいかがでしょうか>コーナー
??. THE STRANGEST TIMES - BIG BIG TRAIN
___最も異様な時 - ビッグ・ビッグ・トレイン
??. LA HERENCIA DE PABLO - PABLO EL ENTERRADOR
___パブロの相続 - パブロ・エル・エンテラドール

<曲の大トロを聴こう>コーナー
??. INTRODUZIONE - IL BALLETTO DI BRONZO (※30秒抜粋)
___イントロダクション - イル・バレット・ディ・ブロンゾ
??. IMMAGINI SFOCATE - QUELLA VECCHIA LOCANDA (※30秒抜粋)
___ぼやけた映像 - クエラ・ヴェッキア・ロカンダ
??. PROMENADE THE PUZZLE - PREMIATA FORNERIA MARCONI (P.F.M.) (※30秒抜粋)
___プロムナード・ザ・パズル - PFM
??. CLOSE TO THE EDGE - YES (※30秒抜粋)
___危機 - イエス

??. ジングル「(ジェレミー・ベンダーのコード進行で)ホウダウン - エマーソン、レイク&パーマー」のカバー

??. BENNY THE BOUNCER - EMERSON, LAKE & PALMER
___用心棒ベニー - エマーソン、レイク&パーマー
(※雑談のBGM。
エマーソン、レイク&パーマーのアルバムにホンキートンクの曲が入っている問題)

<長い曲を聴こう>コーナー
??. CLOSE TO THE EDGE - YES (※イギリスのオリジナルプレスのレコード盤)
___危機 - イエス

??. ISLAND - KING CRIMSON (※エンディングのBGM)
___アイランズ - キング・クリムゾン

※不明の曲は調べればわかると思うんすが、
面倒臭いので放置っす。後で修正するかもしれないっす。
ジングルは、難波弘之関根史織とNomiの演奏に
山田五郎のタイトルコール。
プログレを放送する番組としては時間が短いので、
オーディオコメンタリーみたいに曲に番組出演者の音声が被っていたり、
ほとんどの曲がまるまる放送されない。

■内容・コーナー・雑記:
<パーソナリティ>
山田 五郎:
声や喋り方を聞いていると高橋源一郎っぽいなと思う時がある。
中川翔子をあしらうのが上手い。
父の実家が銘木屋だったから木のことがわかる。

<ゲスト>
難波 弘之:
センス・オブ・ワンダー
山下達郎のライブ・コンサートのメンバー。
中学終わりくらいにGS(グループ・サウンズ)に嵌り、
ゴールデン・カップスの追っかけをしていた。
キーボードの入っているサイケデリック・ロックからプログレに入る。

関根 史織:
Base Ball Bear のベース。
十代の頃、売り物にならないCDを貰い、
その中にあったジェスロ・タルを好きになりプログレに入る。

Nomi:
バスクのスポーツのキーボード。
高校一年の時、100円ショップでバイトを始めたら、
そこにいた変わったおばちゃん(プログレおばさん)にプログレを薦められる。


<今までで最も聴き込んだ曲>
「ワン・フォー・ザ・ヴァイン - ジェネシス
難波弘之の選曲。
学生時代にジェネシスを聴いたけど
どこが面白いのか全然わからなかったが、
三十(歳)越してから良さがわかった。
ジェネシスは聴き込まないと良さがわからない。

「燃える朝焼け - イエス
関根史織の選曲。
ベースラインが気持ち良い。完コピするくらい聴き込んだ。
リフが最高にかっこいいし、(クリス・スクワイアの)リッケンバッカーの音が良い。

「生誕 - プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ」
※Nomiの選曲。
音楽って何やってもいいんだと感じた。

「エコーズ - ピンク・フロイド
山田五郎の選曲。
一番聴いたのは何か考えたらコレっぽい。
「箱根アフロディーテ」のテープを貰い聴き込み、
NHK総合テレビ『ヤング・ミュージック・ショー』の「ライブ・イン・ポンペイ」を
テレビの前にマイクを置いてカセットに録音したのを聴き込む。
当時の日本盤の歌詞(翻訳)に間違いが多い。
同じコードを二分間弾き続けても許される世界で唯一つのバンド。


<こんな曲もいかがでしょう>
「情熱 - ルネッサンス
※アニー・ハズラムの声を聴くと女の先生に叱られそうな感じで、
佇まいが正しい感じの歌い方。
マギー・ライリーとかジュディ・ダイブルとかの
イギリスのプログレの声。
ルネッサンスはオーケストラの入ってない曲でも入っているように聴こえる。

ロング・グッドバイ - キャメル」
※泣く準備は十分。


<中くらいの曲を聴こう>
めんどくさいロックバー、プログレバーに間違って入って来た感じのコーナー。

「ザ・ミュージカル・ボックス - ジェネシス
※ヘンリー・ハミルトン・スマイスくん8歳が
シンシア・ジェーン・デ・ブレイズ・ウィリアムちゃん9歳と
クロッケーをして遊んでいたら、
女の子が男の子の首を刎ねてしまい亡霊になって出てくるコンセプト。
ティーヴ・ハケットはライトハンド奏法をエディ・ヴァン・ヘイレンより前にやっている。


<偏愛してやまない曲>
「聖地エルサレム - エマーソン、レイク&パーマー」
山田五郎の選曲。
山田五郎は知らず知らずのうちに口ずさんでいる。
調子良いとき風呂で歌う。
エルガーの編曲よりもELPの編曲の方がベスト。

「人生は川のようなもの - PFM」
難波弘之の選曲。
川の流れのように」で秋元康がパクった?
難波の母が声楽家でイタリア歌曲やイタリアのオペラを歌うので郷愁を覚えた。
フランコ・ムッシーダのギターのフレーズを聴くと泣いてしまう。

「ひとときの静寂 - ロカンダ・デッレ・ファーテ」
関根史織の選曲。
ジェスロ・タルはシンフォニックか疑問なので外す。
関根の母がイタリア旅行した時のお土産。

「東方の国 - ダイス」
※Nomiの選曲。
ダイスはスウェーデンのバンド。
「東方の国」は誤訳で「賽は投げられた」では?
100円ショップのおばちゃんから借りたカセットに入っていた。


チャップマン・スティックトニー・レヴィンなどの雑談>
ジングル「ディシプリン - キング・クリムゾン」のカバーから、
関根史織チャップマン・スティックトニー・レヴィンの話になる。
トニー・レヴィンにお菓子を手土産に持っていったが
「シュガーは摂らない」と言われる。
関根がチャップマン・スティックばかり弾いていたら
名前をチャップマン・スティック子にしたらと言われ
スティックだけで演奏するコンセプトの stico を始める。
「象と話す女 - stico」


<こんな曲はいかがでしょうか>
「最も異様な時 - ビッグ・ビッグ・トレイン」
XTC のデイヴ・グレゴリーが一時期参加。
コロナ禍で制作された2021年の曲。

「パブロの相続 - パブロ・エル・エンテラドール」
※キーボード二人にギターとドラムという変則的な編成。


<曲の大トロを聴こう>
ここが盛り上がるという聴き所を30秒限定で紹介。

「イントロダクション - イル・バレット・ディ・ブロンゾ」
関根史織の選曲。
(フォーカスの)タイス・ファン・レールのヨーデルやマグマの類。

「ぼやけた映像 - クエラ・ヴェッキア・ロカンダ」
※Nomiの選曲。
曲の終わり際を聴いて何故?と思う適当さ。

「プロムナード・ザ・パズル - PFM」
難波弘之の選曲。

「危機 - イエス
山田五郎の選曲。
一番最後の「Seasons will pass you by」のところが好き。


ジングル「ホウダウン - エマーソン、レイク&パーマー」のカバーから、
ELPのアルバムに「ジェレミー・ベンダー」「用心棒ベニー」などの
ホンキートンク(西部劇テイスト)の曲が入っている問題。
キース・エマーソンホンキートンクが好きだから入ってる。


<長い曲を聴こう>
「危機 - イエス
※イギリスでアルバム『危機 - イエス』発売されたのが
1972年9月13日、今年が50周年。
イギリスのオリジナルプレスのレコード盤で聴く。
スティーヴ・ハウのギターって変だなぁ。
出鱈目を弾いているとしか思えないがアドリブじゃない。
ビル・ブルーフォードのドラムは愛想悪いなぁ。


■感想:
プログレッシブ・ロックの中でもシンフォニック・ロックに焦点を当てているので
イタリアのプログレが多い。
メインで流れた曲で私が聴いたことがなかった(知らなかった)のは
「象と話す女」「最も異様な時」かな。
私もイエスキング・クリムゾンやエマーソン、レイク&パーマーから
プログレに嵌ったので、
ジェネシスを最初聴いた頃はどこが良いのかわからなかったっす。
なんか古臭くて貧弱って感じで……。
でも好きになるまで何度も聴いていたら、
本当に好きになったっす。
ジェネシスは聴き込まないと良さがわからないのかも。